×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

powerd by 楽市360

花粉症はもはや国民的病気

春、人々を悩ます国民的な病気が花粉症ではないでしょうか。
花粉症の対策として、マスクをしたり、部屋に空気清浄機を設置したりと、花粉症に悩む人々はアノ手コノ手を使うわけですが……。
しかし、根本的な花粉症の治療法が見つかっていないのが現実だと思います。「薬を飲むなり注射を打てば、もう花粉症にかからない」なんて特効薬はまだ開発されていません。
そんな花粉症の歴史は意外にも古くて、世界史レベルではローマ時代には発症していたという説もあるそうです。
きっとその頃から人々は治療法を探し対策を練ってきたと思うのですが……。
世に難病と言われたガンでさえ、少しずつですが治療法が見つかっているのに、花粉症はメカニズムの解明はされてきてはいるものの、その場を凌ぐ対策がなされているだけのように思います。
花粉症ほど、抜本的な治療法と、よりよい対策法を求められている症状はないと言えるかも知れません。
きっと、今までに無い対策法を見つければすぐに採用され、ピタッと治せる治療法を発見すればノーベル賞が貰えるのではないでしょうか。

花粉症対策〜都市部の問題

花粉症対策として、よく言われるものの一つとして、都市部から田舎へ引っ越すというのがあります。
根本的な治療にはならないまでも、随分、花粉症の症状が和らいだと報告があったと聞きます。
また、都市部より地方では花粉症の発症例が少ないとも聞いたことがあります。都市部と地方の両者の違いを研究していくことで、花粉症の治療法が見つかるかも知れませんね。
空気の汚れが花粉症発症の一因になっていると聞いたりしますが、頷ける気がします。
実際、花粉症対策のマスクをしている方を端で見ていると、空気そのものが悪そうな気がしませんか?
口や鼻の周りを密閉するような、花粉症対策のマスクをしている人々が固まって交差点で待っているのを見ると、顔がよく見えなくて、ちょっと怖くなるのは私だけでしょうか。
ビジュアル的にも、治療法が見つかって早く対策用のマスクが必要ない時が来てくれるのを願ってしまいます。
今は民間の医療機関がマスクといった対策グッズを開発したり、一時的な治療薬を研究していますが、もっと国レベルでも取り組んで欲しいと思います。
もはや、花粉症の対策、治療は民間レベルの話ではないと思うからです。

powerd by 楽市360

花粉症は大変!

花粉症で苦しんでいる様子を見ると、早く根本的な治療法が見つからないかと切実に思います。
外に出るときは対策用のマスクを必ず着用して、ちょっとでも花粉症の症状が出ると、涙を流しながら何度も鼻をかみまくる……。
女性が折角オシャレしているのに顔を対策用のマスクを覆っている所や、痛々しそうに鼻の回りが赤くなっているのは見ていて可哀想になります。
まだ完全な治療法は見つかっていないそうですが、花粉症は本当に治すことが出来るのでしょうか。
春が過ぎるまでの我慢……。
その考えのもとで発売されている対策グッズ。これでは、いつまで経っても花粉症の治療は進まないように思います。
まだ花粉症にかからない人も、春を迎えるたびに「今年はかかるかも」と思うのも精神衛生上よろしくないと思うのです。
新しい対策マスクなどを出して、今よりも症状を軽くする働きかけも大事です。
ですが、是非、早く花粉症の治療法を見つけて貰いたいと思います。
対策を考えることも大事ですが、治療法を見つけるのも大事ですよね。

<お気に入りリンク>
クロックスのアリス | レインブーツで雨が好きになりました | 結婚式とワンピースのマナー | クオン・サンウは韓流スター | デニムスカートを履きましょう | Blondyのワンピースが好き♪ | 【リズリサのワンピース】 |
Copyright © 2008 花粉症対策、治療のヒント